コロナワクチンの危険性

深刻な副作用!!!ファイザー社の治験データが公開!

目安時間 4分

 

ウクライナ戦争の裏で、こっそりとFDAがファイザー社の治験データを公開しました・・・

※FDAとは コチラ

 

 

そこにはファイザー社のCovidワクチン接種者が被っている深刻な副作用(病気)が列挙されています。この事実を知ってもCovidワクチン(どのメーカーのワクチンもほぼ同じです。)を接種し続けるのでしょうか。日本政府もブースターや子供への接種を押し進めていますが、政府はこの資料の存在を無視するのでしょうか。しかもファイザー社自体がCovidワクチンは子供には効かないと言っているのにです。ワクチンメーカ―の犬となった政府は自国民、特に子供を病気にしたり死に至らしめるためにワクチンを接種させているということです。

 

 

火曜日(3月2日)、FDAの生物製剤評価センターは、今回初めてファーザー社が提出していた55000ページの公式資料を一般公開しました。

この資料は、ファイザー社が自社のCovid‐19ワクチンの承認を得るために提出した公式資料であり治験結果の詳細が記載されています。

米地方裁判所のマーク・T・ピットマン判事が1月6日にFDAの要請(ファイザー社の治験データを75年間非公開にする必要があると主張)を却下しデータを公開することを命令したためにFDAはこれを公開せざるを得なくなりました。

55000ページの資料のうちの38ページは「ADVERSE EVENTS OF SPECIAL INTEREST」と題した付属書であり、

そこには『Covid‐19ワクチン接種後に発生している1291種類の副作用』が

リストアップされています。

その中には以下の副作用が含まれます。

急性腎損傷、急性弛緩性脊髄炎、

抗精子エイズ抗体陽性、脳幹塞栓症、

脳幹血栓症、 心停止、 心不全、 心室血栓症、

 心原性ショック、 中枢神経系血管炎、 

新生児の死、 深部静脈血栓症、 脳炎脳幹、

 出血性脳炎、 前頭葉てんかん、 口から泡を吹く、

てんかん精神病, 顔面麻痺, 胎児仮死症候群,

 胃腸障害, 胃腸アミドロ症、全身性強直間代発作、

橋本脳症、肝血管血栓症、帯状疱疹再活性化、

免疫介在性肝炎、 間質性肺疾患、頸静脈塞栓症、

若年性ミオクローヌスてんかん、肝臓損傷、

低出生体重、小児の多系統炎症症候群、

心筋炎、新生児発作、膵炎、肺炎、死産、

頻脈、側頭葉てんかん、精巣自己免疫、

血栓性脳梗塞、1型糖尿病、

新生児の静脈血栓症、脊椎動脈血栓症。

米NPOのCHD(小児健康防衛?)の代表者兼相談役のマリー・ホランド氏は、

「これは爆弾情報である。FDAとファイザー社がこのデータを75年間も非公開にしておきたい理由がこれでわかった。この資料によってファイザー社のCovidワクチンは直ちに停止されるはずである。

ファイザー社のCovidワクチンが深刻な副作用をもたらすことが明らかになった。

しかしファイザー社のワクチンによる副作用で苦しんでいる被害者らはファイザー社に損害賠償を求めて訴えることも禁止されている。」

 
 
本ブログの文章は、下記から引用です。
コチラ!

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
プロフィール

長野県南佐久郡在住の あっき です。
ラーメンを中心に主に長野県東信地域の美味しいお店を気ままに食べ歩いていきます。

あっでも東信以外や県外へも食べに行きます♪

基本的に、火曜日、土曜日に更新します♪

サイト内検索
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
  最近の投稿
佐久情報
アーカイブ
タグ一覧