コロナワクチンの危険性

コロナワクチン接種は危険すぎる!?

目安時間 4分

TVを見ていると、ワクチン接種の必要性の報道は大々的に行われていますが、製薬メーカーがリスクについて報告している状況下でも、日本政府や各種マスコミはそういった情報を提供しないように見えてしまいます・・・( ;∀;)

 

 

実は、ファイザー社の元副社長も内部告発のかたちで、自社のワクチンが動物実験に際して、死亡したり副作用に見舞われたことを明らかにしています。

 

 

そんな中、フランスから衝撃的なニュースが発表されました。

 

 

ノーベル生理学・医学賞の受賞で有名なウイルス学の権威、リュック・モンタニエ博士による警告です。

 

 

リュック・モンタニエ博士曰く、

 

 

「新型コロナウィルス用のワクチンを接種した人は長く生きれない。2年前後で死亡する可能性が高い。残念ながら、すでに接種した人には治療方法がなさそうだ。遺体を埋葬する準備をするのが精一杯できることだ」。

 

 

 

※モンタニエ博士・・・パスツール研究所に籍を置き、HIV発見の功績で2008年にノーベル生理学・医学賞を授与されています。

 

 

 

モンタニエ博士は、「現在、世界で接種が進むmRNAワクチンには人体の抗体を弱体化させ、ウイルスの変異種を拡大する成分が含まれていることが判明した」と分析しました。

 

 

ADE(抗体依存性感染増強)のことです。

 

 

このまま接種が拡大していくと、接種した本人から未接種の人々へ感染が拡大する恐れもあると指摘。極めて危険な事態が進行している・・・ということです。

 

 

また、抗体が低下し、生来の免疫力も破壊されてしまうため、通常の風邪やインフルエンザでも死亡することになってしまうとのこと。

 

 

モンタニエ博士は

 

 

「科学的にも医学的にも容認できない重大な誤りである」

 

 

と断言しています。

 

 

 

さらには「将来の歴史書には変異種を拡散させたワクチンとの烙印が押されるだろう」と。

 

 

日本を含め、世界には数多くの感染症やウイルスの専門家がいますが、皆、ワクチンを自ら検証することもなく、ワクチン・メーカーが発表している効能を信じているようで、人類史上、極めて恐ろしい状況下に置かれているといえます。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
プロフィール

長野県南佐久郡在住のコーリンです。
ラーメンを中心に主に長野県東信地域の美味しいお店を気ままに食べ歩いていきます。

サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
  最近の投稿
ブログランキング
佐久情報
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
タグ一覧